会長方針

第59期 会長 村木郁夫


【テーマ】“つながり”次世代への改革




会長方針発表

2019~2020年度 歴史と伝統ある水口ロータリークラブ第59期の会長の重責をおおせつかり、次年度は創立60周年の節目を迎える重要な年であり、重大さを痛感しております。
 2019年の半ばをもって平成の時代は終わり、新しい時代、令和になりました。ロータリーの創設者のポールハリスが述べたことがあります。私たちはいつまでも成長して止むことはないでしょう。世界はたえず変化しています。そして私たちは世界とともに変化する心構えがなければなりません。ロータリーの物語は何度も書き替えなければならないでしょう。と残した言葉です。ロータリーにおいて、変えなければならないものと変えてはならないものをはっきりと分類し、ロータリーとして絶対に変えてはならないものは、ロータリーの哲学、すなわち、ロータリーの奉仕の理念です。
めまぐるしく変わる現代社会にクラブが直面している課題を認識して会員の参加と維持を促し、クラブとして地域市民の皆様と出会い、つながり、ともに奉仕し、人間関係を広げ、前向きな変化を生み出し、より満足のいく経験を得られる機会を作り、会員増強をし、笑いあり、涙ありの楽しいクラブにと思います。
 次年度、創立60周年に向け、持続可能な良い変化を生む為に戦略計画を立て実行し、諸先輩たちが59年の歴史の中で築いてこられた大切なもの(奉仕の理念)を残し、時代の変化に合うクラブにしていきたいと思います。元気なクラブとなるため、更なる発展に努めたいと思いますので、会員の皆様のご理解とご協力を切にお願いいたします。

1. 奉仕プロジェクト・・・・例年の事業を継続し、水口だけでなく、他町でも。
2. クラブ奉仕(親睦)・・・・親睦を中心に(家族例会に力を)楽しい例会
3. 引き続き、会員増強
4. 水口ロータリークラブの名称の変更・・・・水口・甲南・甲賀・土山・信楽、5. 5町一つが甲賀市。第60期に向け名称を変更の検討。
(十数年前に名称の変更が議題になったと思いますが、私の思いとしまして60期に向け、もう一度ご審議いただきたいと思います。)



幹事運営方針  幹事 奥田浩之

令和元年、第59期水口ロータリークラブの幹事を務めさせていただくことになりました。まだロータリー歴が3年と経験、知識がございませんが会員皆様のご支援を頂き、微力ではございますが会長をお支えし、クラブ発展の為頑張っていく所存でございます。
第2650地区佐竹ガバナーの地区スローガンは「伝統と革新 世界はひとつ」、そして村木会長は「つながり 次世代への改革」のテーマをあげられました。
歴史、伝統や教えを学び考え、新たな道理や知識を見いだし、新しい水口ロータリークラブへと少しでも進んでいけます様努力してまいりたいと思います。
会員の皆様には格別のご指導ご鞭撻を賜ります様、何卒一年間宜しくお願い致します。