会長方針

第58期 会長 堀内伸尚


【テーマ】「感じて動く!感動ロータリー!」




会長方針発表

58年と歴史ある水口ロータリークラブの会長という重責をお預りすることとなり、大変な責任を感じております。その第58期の会長テーマを「感じて動く!感動ロータリー」とさせて頂きました。
第55期には「あついロータリーやりましょう!」
第56期は「往け輝け!ロータリー!」
第57期は「『ありがとう』の奉仕〜楽しくロータリー〜」とされました。
私は、ロータリーは単年度で物事が出来るものだと思いません。
不易流行 ( いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しい変化を重ねているものを取り入れていく事 ) を 心に刻み 会員各位からご意見を頂き、議論を重ね一歩でも前に進めたらと、「感じて動く!感動ロータリー」 と致しました。
情熱をもって会員皆様方と共に一年間やっていきたいという思いです。
現在の会員数に関して、会員の減少傾向が続き、財政面、運営面で今後いろいろと支障が出てくると思われます。人は財なりと言う言葉どおり、いま新しい会員増強に一手を打ち、皆様方のご理解を得て第60期には10年前の会員数には戻したいと考えます。
四大奉仕の中で今一度、自分はこの会になぜ入会したのかを思い浮かべ、また子供の頃を思い出し、やりたかった事、欲しかった物、純粋に自分が素直な心、やわらかな心を持っていたあの頃を…自分が子供の立場になればきっと今より広く、いろんな立場の人からの意見もす〜っと耳に入ってくるのだと思います。
光り輝き、望み、夢持つ子供達の少しでも力になってあげられるよう、地域社会に声に出さずとも「ありがとう」が伝わってくるように努めてまいりたいと思います。
クラブ奉仕では例会の時間を大切にしたいと思います。
年を重ねると困ることは、体が固くなるばかりでなく、頭が固くなること、心が固くなること、一生青春を保つためには、心の柔らかさを保つこと。そのためには何かに打ち込み、いろんな人と会員が会員相互の意見を交わし親睦を図りたいと考えます。
その中で感じて動く!心動かされた中で、新たな創造、また ひらめきを瞬時に感じとり、そして動ければと思います。
「ロータリーって何なん?」って言う人もまだまだいっぱい居る中、単にロータリアンの自己満足で終わらないようにしたいものです。
一年間どうぞよろしくお願い致します。