6月25日-第58期-最終例会

令和元年6月25日(火)

第58期〈最終例会〉

平成から令和にまたがる記念すべき年に。

皆さんの協力のおかげで無事終了する事が出来ました。

ーーーーーーーーーーーーー
才能の差は小さいが、

努力の差は大きい。

継続の差は もっと大きい
ーーーーーーーーーーーーー

一年間、本当にありがとうございました。

ー 第58期-会長-堀内伸尚 ー

6月18日-感じて動く

最も強い者が
生き残るのではなく、
 
最も賢い者が
生き延びるのでもない。
 
唯一生き残ることが
出来るのは、

変化できる者である。

ー感じて、そして 動く。ー

6月4日-一流の人は仕事をしない

本日は新入会員の入会式を行いました。

水口センチュリーホテル(株)
代表取締役 望月三樹子さん

現在唯一の女性会員です。

女性ならではの感性、目線で
新たな息を吹きかけて下さい。

本日の会長の時間

「一流の人は仕事をしない。」
一流とは、毎日同じことをワクワクしながらできる人で
仕事が日常生活になっているという話しをしました。

以下話しの続きです。

「二流の人は仕事が好きです。」
「よし。今日も好きな仕事ができる。頑張るぞ」
わくわくしながら仕事に当たります。
積極的で気合も入っているため、仕事も順調です。
サービス精神も旺盛で、質を高めることに専念します。
すでに一流であるように思えますが、まだ一流ではありません。

「三流の人は、仕事が嫌いです。」
「今日も仕事だ。お金を稼ぐためには仕方ない」
嫌いな仕事ですが、生活費を稼ぐために、
ため息をつきながら仕事をします。
嫌々やっているため、仕事に対しても消極的です。
仕事はしますが、楽をしようとすることばかり考え、
必要最小限で終わらせようとします。
だから、三流です。

と、日々同じように仕事をしていても、
捉え方ひとつでこのような区分け?になるのかと
改めて思う。