3月12日-花粉症なる人ならない人

本日の会長の時間『花粉症』
の話しの続きです。

花粉症になる人とならない人の違いは?

その理由は大きく分けて3つ。

1.遺伝的な体質の違い
  アレルギー体質は遺伝の影響を受けると考えられており、
  家族や近親者にアレルギー体質の人がいる場合は花粉症
  になりやすい。

2.食生活や住環境などによる違い
  お年寄りに花粉症が少ないのは何故?
  1960年代までは国内で花粉症は見つかっていません。
  これは、若者とお年寄りとの免疫力の違いもあるが、当時
  の日本人の食生活や住環境がアレルギーになりにくい体質
  を作り出していたからであると考えられているため、同じ
  地域に住んでいても食生活や住環境が異なると花粉症にな
  る人とならない人が出てくる。

3.花粉にさらされる量の違い
  人間の体はアレルギーの原因物質(=花粉)を体内に取り
  込むと、それを無害化するための抗体を作ります。この抗
  体の量が一定の水準を超えると花粉症の症状が現れるので、
  花粉に多くさらされた人ほど花粉症になりやすい。花粉症
  になる年とならない年があるのもこの理由から。

日本人だけじゃなかった!世界の花粉症がある国5選。

○ イギリス:イギリスは世界で初めて花粉症という病気を認識した国。
       罹患率は20%
       オークの木やプラタナスの木などが原因植物。
○ カナダ: トロントやバンクーバーなど人口密度が高く暖かい気候の
       大都市に住む人の発症率が高い。原因植物はオーク、ハン
       の木、樺、カエデ、スギ、ニレ、桑、ウォルナッツなど。
○ オーストラリア:人口の26%近くが花粉症。
          アカシア、シーオーク、ニレ、デイジーなどが原因植物。
○ 南アフリカ共和国:人工の3割の人が花粉症。
           主な原因植物はサイプレス(イトスギ)
○ アメリカ:日本と同様、春と秋に花粉症の症状がでる人がいる。
       特にブタクサアレルギーの罹患率が日本のスギアレルギー
       罹患率と同程度。マスクをする人が少ないのは体質改善の
       サプリで内側からアレルギー反応をしない体づくりを
       目指すのがアメリカ流。

という事で今週は花粉が多そうです。。。
花粉症の方はマスクをお忘れなく…

週間花粉飛散情報